NEXT
BACK
TOP
<三日月の夜>

すべてわかっています。
あなたのことは すべて。

そんな真夏の太陽のような愛を
私にぶつけないで頂戴。

眩しすぎて 立ち眩むだけ
強すぎて 打ちのめされるだけ

あなたが
そうしたいのは わかっています。
だけど そうしてほしく ないのです。

私は 今
自分の心のどこが痛いのか
どう伝えればいいのかわからないでいるのに。

ただ そっと そばにいて
ただ そばにいて

あなたが
そうしたくないのは わかっています。
だけど そうしてほしい だけなのです。

ただ そばにいて。


細い細い あの三日月のように
たおやかな光だけを私にそそいで。

やがて 私は 満ちてきますから。

あの 三日月のように。
<一線>

愛することにも
できることと できないことが
あるんだね。

人間だから

ここまでは / できる
これ以上は / できない

ここまでは / できる ことに
今持ちあわせているすべての愛を
きみに捧げる。

これ以上は / できない ことは
正直に言おう。
望むとおりにできなくて ごめんね と。

それで きみが傷ついたなら
共に 悲しみ 泣くしか術がない。

でもね、言うよ。
「愛してる」って言うよ。
愛してることに 変わりは ないのだから。
<ブランコ>

誰かを乗せて揺れたいの。
そしてひとつになりたいの。
ぬくもりこそ愛。
そうしたら
キーコ、キーコと奏でましょう。
不器用だけど奏でましょう。
キーコ、キーコ
私なりの愛の唄

<珈琲を淹れよう>

珈琲を淹れよう
ふたり分淹れよう
ひとり分より
ふたり分
ふたり分より
・・・今はふたり分で充分だね。

珈琲を淹れよう
ふたり分淹れよう
だから、沸き立つこの香り