<冷たい風>

冷たい風が ひゅうと 吹く。
身体をきゅっと抱きしめながら 思うこと

厳しさの中にも
苦しさの中にも
淋しさの中にも
悲しみの中にも
怒りの中にも

愛があふれてることを 忘れない・・・

まずは この冷たくなった手を温めてあげよう。
<流れる雲に乗って>

東から西へ
長く長く伸びている
流れるような 雲を 見つけた。

ねぇ、私を乗せて行ってよ。
あの人のいる 遠い街まで。
ひと目 姿を見れたなら それでいいから。

・・・ほんとに それでいい?

ひと目見たら
  私を見つけて欲しくなって
  もっと近づいていきたくなって
  そっと手をとりたくなっちゃうんじゃないかな。

・・・それも わるくないね。

雲は流れるように消えてった
NEXT
BACK
TOP