きょうの風はえのぐのにおい
文 つっきん


ああ、なんて気持ちのいい風でしょう。
おや?
きょうの風、なんだかえのぐのにおいがしますね。
ほら、みんなが図工で使うあの えのぐ です。

さぁさ、そのわけをお話ししましょう。


1年2組ではやっていること
それは「地球防衛隊ごっこ!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「はい、こちら 地球防衛隊!!」
「なに! 中庭でありが ふらふらしている?」

たしかに いっぴきのありが よろよろしてうごけないのを 
もういっぴきが心配そうに みつめています。

「ありの どこが 緊急事態なの!」
「なんでも たすけるのが 地球防衛隊だぞ。」
「病気なのかな?」
「隊長に きいてみよう!」

いざ隊長室へ!・・・いえ、校長室へ。


校長先生は ほっほっ と話をきいてくれました。
「隊長、なにかいい 方法 ない?」
「ほっほっ、きっと おなかがすいているのでは ないかな? 
なにも食べないと からだが 休もうとして うごけなくなる。
人間だって おなじこと。」
「よし! 佐藤先生に さとうもらってこよう!」
佐藤先生はちょうど きゅうとうしつで コーヒーをいれていました。
はなしをきくと
「かくざとう ひとつで まにあうわね。」
と、かくざとうをひとつ くれました。
 
「おーい!かくざとうもらってきたぞ!」

かくざとうを くだいて ありのまえにおくと
ありはしがみついて なめはじめました。
心配そうにみていたもう一匹のありもなめはじめ
やがて ありのすから ぞろぞろ なかまがあらわれて、
さとうのかけらは あとかたもなくなくなりました。

「ありも くろうしているのね。」
「はっはっは!にんむかんりょう!おれたちありの平和を守ったぞ!」

その数日後のことでした。
1年2組のみんなのもとに校長先生が真剣な顔でやってきました。

「みんな!緊急事態です!」
校長先生は 持っていた紙を広げ 読み始めました。


「ちきゅーぼうえいたいのみなさま
 とつぜんの おてがみ おゆるしください。
わたしは いま たいへんな びょうきに かかっています。
わたしの からだに おおきな あなが あいてしまいました。
そこから どんどん わるい ひかりがさしこんできて 
わたしの からだのちからを うばっています。
ちからだけではありません。
わるいひかりは 
ちきゅうじょうのさまざまないろを すべて けしてしまうのです。
もう かなりのいろが うしなわれてしまいました。
このままだと たいへんなことになってしまいます。
 どうか ちからを かしてください。   ちきゅうより」

「地球からのてがみ!?」
「これこそほんものの 緊急事態!」

「宇宙局の人に調べてもらったよ。」
校長先生は一枚の写真をみんなに見せました。
地球の写真です。

南極に くろいあなが たしかにあります。
宇宙局の人からも、
確かに地球の色が失われてきているとメッセージがありました。

「地球が君たちに助けを求めてきたんだ。
力を貸してあげようじゃないか!」
「そうだ!地球防衛隊だもの!」
「どうする?」「どうする?」

「なにかで あなを ふさいでしまわないと…」

「紙飛行機!」
「大きな紙飛行機を穴めがけてとばす!」

「隊長、どう おもう?」
「ホッホッ、なにごも やってみなければ。」
「よし!やってみよう。」
「やってみよう!」

「おおきい、おおきいってどのくらいのかみ?」
「ぐらんどくらいだよね。」
「絵もかこう。地球の絵。きれいな色で。」
「いつ する?」
 みんなはニヤニヤして校長先生をみました。
「おっほん、しかたありません。あした 一日使うことにしますか…」


グランドに用意された巨大な紙に、みんなで楽しい絵を描く。
足形・手形・顔型とにかく楽しい絵。

校長先生が朝礼台の上から指示を出し、飛行機を折る。
それは綱引きのように大変な作業!


「行くよー!飛ばすよー!せーの!」

巨大な紙飛行機はぐんぐん空高く、南極の穴めがけて ぐんぐんぐんぐん

すばらしくわくわくする 光景!

紙飛行機が頭から穴にずずんっと突き刺さった瞬間といったら!

ゆかいで、ちょっぴり泣ける気分!

宇宙の風が地球を包み込んだとき
紙飛行機のおしりが ぶるんと揺れて
子供達が書いた絵の色がとけだして
見事に地球をぬりかえました。


地上ではみんなが空を見上げています。
そらに 文字がうかびあがりました。

「あ り が と う」

さ〜〜っと吹いてきた風は まぎれもなくえのぐのにおいがしました。
みんな 肩をだきあって

「やったぁ、だいせいこう!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ささ、地球さん
「具合はいかがですか?」

「とってもいい気分さ。紙飛行機とはずいぶん驚いたけどね。」


ああ、きょうの風はほんとうに気持ちいい。
えのぐのにおいの、いい風です。

*おしまい*      

(c)tukkin 1999 (「地球防衛隊」学芸会台本原案用に加筆修正)
©tukkin 2004.3





*gajyu2*NamiNe

おはなしTOPへ

つっきんの童話屋さん
゜*.★・*.゜☆