にわか雨
文 つっきん

本日 ありのおかあさん 大忙し。
だって、こんなにお天気だもの。
洗濯、干し、干し、干しましょう。

あかちゃんの 七色のパンツはかわいいし
おにいちゃんの ひょう柄パンツは小さな鬼のパンツみたいだし
おねえちゃんの ももいろパンツ、ちょっぴりはにかんでいるようで
おとうさんの 星柄パンツは、ちょっとゴムが伸び気味で
おかあさんのは・・・ふふふ。これは、内緒にしときましょ。

ああ、忙しい、忙しい。
ありのおかあさん、本日とっても忙しい。

ところが
ポツン・・・ポツン・・・
あら、やだ、大変。
いそいで、洗濯物をとりこまなくっちゃ!
せっかく、干したとこなのに。

ありのおかあさん、怨めしそうに空を見る。
あら?
「空はあんなに青いのに・・・きつねさんのお嫁入り?」

ポツンポツンポツン、ポツンポツンポツン
雨は どんどん激しくなる。

ぶつくさ言ってる場合じゃない。
七色パンツに、ひょう柄パンツ
ももいろパンツに、星柄パンツ
おっと、おかあさんの、忘れてなぁい?

ようやく、洗濯物をとりいれて、
ありのおかあさん、ほっと一息ついたとき

まぁ!なんてことでしょう!
すっかり雨があがってる!

「まったく、今日はなんて日かしら。」
ありのおかあさん ぷりぷりしながら、本日2度目の洗濯干し。

・・・

さてさて、ありさんのところに にわか雨が降った頃

「エーーーン、エーーーーン」
女の子が ひざを抱えて泣いていました。
どうやら、石につまずいて、ころんだらしい。
「エーーーン、エーーーーン」

ポロポロこぼれる、大粒の涙。
お友達の子が、心配そうに女の子をのぞき込んでいました。
ふーふー、痛そうなひざに息を吹きかけてあげながら。

やがて、「ヒック ヒック」とじょじょに 女の子は泣きやんで・・・

「ゆみちゃん、大丈夫?もう、へーき?」
「うん♪ 転んで痛くて泣いちゃった。よく見ると、こんなのかすり傷だよね。
もう平気だよ。何して遊ぶ?」

・・・

もしかして、もしかする?
にわか雨の正体は、そう。そういうこと。
にわか雨の正体は、ゆみちゃんって子の目からこぼれた大粒の涙。

・・・

あららぁ。
ありのおかあさん 知ってか知らずか、ぷりぷりしながら、本日2度目の洗濯干し。
ほんとに、ほんとに ごくろうさま。

お空は とっても 高いのね。

BACKBGM by neiro