ちからこぶ
文 つっきん

たんぽぽ

いわといわの すきまから
かおをだしてる たんぽぽ。
きいろいかおを はをくいしばって たいようにむけて。

ねぇ くるしくない?

たんぽぽは はっぱを くきっと まげた。
あ、ちからこぶ。

ばんけん

3ちょうめの おおきないえの おおきな ばんけん。
いつも つんと すまして におうだち。
おさんぽのときも つんと すまして すきがない。

ねぇ、つかれない?

ばんけんは みぎのまえあしを くっと まげた。
あ、ちからこぶ。

とけい

コチ コチ コチ コチ
くりかえし くりかえし
とぎれることなく コチ コチ コチ コチ

ねぇ、ちがう りずむで おどりたくない?

とけいが りょうほうのはりを ふんっと まげた。
あ、ちからこぶ ふたつ。

くも

そらに ぽっかり うかぶくも。
ゆーらり ゆーらり

ねえ、たまには こかげで ひとやすみしたい?

くもは からだを もくっと まげた。
もこ もこ もこ もこ
あ、ちからこぶ いっぱい。

わたし

うでをまげる。

ぽこっ
あ、ちからこぶ。 ちょっと ちいさい。

あかちゃん

あかちゃんにも ちからこぶ あるのかなぁ?
わたしが うでをとって やさしくまげると

きゃっ きゃきゃっ

あかちゃん きゃっきゃと わらったよ。


©tukkin

BACK